助成金の目的

三年以内既卒者等採用定着奨励金は、学校等の既卒者や中退者の応募機会の拡大および採用・定着を図ること

対象となる労働者は
学校等の既卒者や中退者であって,これまで通常の労働者として同一の事業主に引き続き12ヶ月以上雇用されたことがない方

助成される金額(中小企業)

・既卒者等コ一ス
1人目    50万円(1年定着後)              10万円(2年定着後)              10万円(3年定着後)
2人目    15万円(1年定着後)              10万円(2年定着後)              10万円((3年定着後)

・高校中退者コース
1人目    60万円(1年定着後)              10万円(2年定着後)              10万円(3年定着後)
2人目    25万円(1年定着後)              10万円(2年定着後)              10万円(3年定着後)

<それ以外の企業>

・既卒者等コ一ス            1人目       35万円(1年定着後)
・高校中退者コ一ス         1人目       40万円(1年定着後)

三年以内既卒者等採用定着奨励金 前提条件

1.既卒者等コース

(1)  既卒者・中退者が応募可能な新卒求人(※1)の申込みまたは募集を行い,
当該求人・募集に応募した既卒者・中退者を通常の労働者(※2)として雇用したこと
(少なくとも卒業または中退後3年以内のかたが応募可であることが必要)

(2)  当該求人の申込みまたは募集前3年度間において,
既卒者等が応募可能な新卒求人の申込みまたは募集を行っていないこと

2.高校中退者コース
(1)  高校中退者が応募可能な高卒求人の申込みまたは募集を行い,
当該 求人・募集に応募した高校中退者を通常の労働者として雇用したこと
(少なくとも中退後3年以内の者が応募可であることが必要)

(2)  当該求人の申込みまたは募集前3年度間において,
高校中退者が応募可能な高卒求人の申込みまたは募集を行っていないこと

※1 学校(小学校及び幼稚園を除く)等に在学する者で,卒業若しくは修了することが見込まれる者(学校卒業見込者等)であることを条件とした求人または学校卒業見込者等および学校等の卒業者・中退者であることを条件とした求人。高校中退者が応募可能な高卒求人は除きます。

※2 通常の労働者とは,直接雇用であり,期間の定めがなく,社内の他の雇用形態の労働者(役員を除く)に比べて高い責任を負いながら業務に従事する労働者をいいます。

どんなことをすればいいのか?

既卒者等が応募可能な新卒求人の申込みまたは募集を新たに行い,採用後一定期間定着させた事業主に対して奨励金を支給する。
(平成31年3月31日までに募集等を行い,平成31年4月30日までに対象者を雇入れた事業主が対象)

申請手続きの進め方

1. 新卒求人の申し込みまたは募集
2. 採用選考
3. 対象者の雇入れ
4. (1年間定着後)第1期支給申請
5. (1年間定着後)第2期支給申請
6. (1年間定着後)第3期支給申請

注意事項

1. 対象者の雇い入れを行った事業所の事業主または取締役の3親等以内の親族(配偶者,3親等以内の血族および姻族をいう。以下同じ)の対象者を雇用した事業主は支給されない。

2. 雇入れ日の前日から過去3年間に当該雇入れに係る事業所と雇用,請負,委任の関係にあった対象者,または出向,派遣,請負,委任の関係により当該雇入れに係る事業所において就労したことのある対象者を雇用した事業主は支給されない。

3. 雇入れ日の前日から過去3年間に当該雇入れに係る事業所において通算して3ケ月を超えて訓練・実習等を受講したことがある対象者を雇用した事業主は支給されない。

詳しい内容は

各都道府県労働局 もしくは厚生労働省ウェブサイトから三年以内既卒者等採用定着奨励金 をご覧ください。