公的助成金とは 国や自治体などから民間企業や事業主に対して支給する補助金・助成金のことです。

これらは年間10,000種類以上発表されていますが、発表される媒体がいろいろのためどのようなものが
自分たちに適用できるかが分かりづらく、申請方法が経営者には面倒医という面もあり、
忙しい経営者、本当に活用すべき企業や個人には活用しきれていないのが実情です。

このカテゴリでは、公的助成金について基礎的な知識を解説してまいります。

大きく分けると2つの種類があります

公的助成金を大きく分けると2つの種類があります。
1つは事業の創成 活性化を目的とした補助金制度。
これは主に経済産業省が主導して行っています。
新製品の開発 海外への販路拡大? 販売促進への取り組みなどを評価するものです。

もう一つは雇用系の助成金制度です。

これは人材の採用から育成 研修制度の導入から、
女性の雇用 高齢者・障害者の方の雇用促進などを目的としたものなどがあり,
主に厚生労働省の主導のもとで行われているものです。

また、経済産業書、厚生労働省以外にも、地方自治体、各省庁などからも公的助成金が発表されています。

公的助成金は年間10,000にも及ぶ種類が発表されています。
業務に忙しい経営者がすべてに目を通し精査することは実質不可能です。

助成金の目的は?

公的助成金の趣旨は 日本の経済を活性化するために使います

助成金・補助金は、国の税金、雇用保険などを財源としています。

すなわち、自分たちの会社が納めた税金なのです。これらの支援はほとんどが返済不要の資金です。

しかし、補助金や助成金は、短期資金の調達や営業外収益として獲得することが最終目的ではありません。

これらの資金を用いて事業自体を成長させ利益を生むこと。その結果、利益を生んだ会社が税金や雇用保険などを国に納めていく

税投資から経済の循環する資金となることが本来の目的なのです。

もう一度言います

公的助成金は、受給することが目的ではなく、
自社の経営に役立たせ、会社経営の基盤、会社の成長するための資金なのです。

会社経営.comは、経営者のための「経営に役立つ情報」を提供するサイトとして
公的支援の情報も発信してまいります。