googleの検索の考え方

*このエントリーは2014年に更新されたものです。今2017年でも検索という考え方は重要ではありますが、ウェブマーケティングは検索だけが重要ではなく、ソーシャルメディアやお客様への伝わるコンテンツの方が重要視されています。

変らないのは、ウェブコンテンツの中身です。 Googleに好かれようとした記事を書くのではなく、ターゲットとなるお客様を見極めお客様にとって役立つ記事、お客様の方を見て記事を作ることが大切です。

Googleはインターネットで最もつかわれる「検索サービス」をほぼ独占しています。
検索サービスこそGoogleの一番のビジネスの要です。全世界で平等に偏ることなく、正当な検索結果を表示することに
日夜開発を行っています。
どうやって検索順位を決めているのかは、誰にも公開されていません。Googleの検索の仕組みで唯一正式に公開されているのは
こちらの検索の仕組みというページだけです。
検索で上位に表示させたいならば 以下の文章をまず読んでおきましょう。
Googleの理念 Google が掲げる 10 の事実

Google は検索を行う会社です。検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有する Google は、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを知っています

このウェブサイトの理念こそ検索エンジンを考えるうえで重要な指標と言えます。
検索アルゴリズムについて

Google のアルゴリズムは、本当に探している情報を推測することを実現する 200 を超える独自のシグナル、つまり「手がかり」を利用しています。これらのシグナルには、ウェブサイト上の語句、コンテンツの新しさ、お住まいの地域、PageRank などが含まれます。

検索エンジン最適化を外注したり、自分で行う場合でも このルールはしっかり守る必要があります。
スパム対策

検索エンジン最適化 スターターガイド

googleがSEOとしてまとめているのは、この小冊子です。
SEO対策、htmlをチューニングしたり、キーワードを入れたり、外部リンクをつけたり、というノウハウはこれ以上の内容はありません。 このPDFに書かれている内容を精読し最適化を行うだけです。

検索上位にする。サイトのアクセスを増やすにはどうしたらいいのか?

SEO対策や検索の仕組みを理解したうえで、自社のサイトを検索上位に表示するにはどうしたらいいのか?
それは、検索される語句 上位で表示されたいキーワードを検索するであろうユーザーに対して、役立つ内容、コンテンツを発信し続ける事です。
情報を発信し、ユーザーに支持される(よく読んでもらう。再生してもらう)コンテンツを作り、ユーザーの指示を得ること、その結果が検索上位に出ることになり、あなたのウェブサイトにお客様が誘導されることになります。
より良い情報を発信、継続していくこと。ウェブサイトはあなたの会社の営業拠点であり資産なのです。
短期的な結果を求めるには広告という手もありますが、中長期的に継続してウェブマーケティングを行うには自社メディアを作っていくことが最善の方向であり、一番会社にとって有益な方法です。