川崎です。会社経営.comもサイトや企画を進めている人です。
会社経営.comは 3人の専門家が中小企業の増販・増客のコンサルタントとして
藤沢の経営者をお客様に開始したサービスです。会社経営.comについて
この3人はそれぞれの専門分野をもっており、それぞれの会社を経営している人間ですが、
あるときに一緒にサービスを開始しようと思い立ちました。
構想は6か月ほどですが、スタートは9月より、ブログを立上げ、11月には大きな会場でセミナーも開始します。 先週3人で始めて打ち合わせを行い、名刺、チラシ(フライヤー)サイトの更新頻度を早める、FACEBOOKページ開始など、いきなりすごいスピードで動き出しております。

新たな事業ほどスピード重視

新しい事業こそ、成功する確率は低いものです。いくら議論を重ねてみても正解は何なのかわかりません。
特に経営者同士のコラボレーションは、何か動く商材や商流がない限り、うごきません。
今回は商品の流通や商材取引が発生しておりませんので、このまま打合せを繰返しても、活動が伴わなければ、なんら結果はでないでしょう。
何もしなければ何も生まない。そして結果もわからない。
これは新規事業の立上げとと同じです。新規の案件は、
やること、やるべきことを見つけたら、即行動し、速めに成功or失敗の壁にぶち当たることが必要です。
動きながら修正していくこと。これが新規事業を立上げ、成果を生むためには必要なこと。と私は考えます。
参考:Successful People Start Before They Feel Ready(成功する人は準備ができる前にスタートする)
時間は有限です。不確実性の事業のリスクを少なくするには、期待や待ちの時間をできるだけ削除すること。時間のリスクを低減すること